Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

☆TAKISHITA RYO Official Blog ☆

悪魔の演じ方。(S.W.A.T!「DJANGO 夜明け前」

2022/05/27
 

悪魔の演じ方

2014-10-03 10:00:02
 

 

 

 

 

悪魔のジャンゴという役をやっている。
 

 

台本に書かれたものであるから、
ほかの役者が演じれば
当然、僕とは違ったジャンゴができあがるだろう。
 

劇団という枠組みの中で偶然、
僕に振られた役で
演っている訳だが、
それでも、もう十年くらいの付き合いになる。
 

それにしても劇団作品で四度も
同じ軸の人物がでるのは珍しい。
物語によほど魅力があるからだろう。
 

うちの劇団はよく「当て書き」といわれる。
その役者の特性の見て作家が書くのだ。
なので(規正の台本より)役作りが楽でいいよなあという
イメージがあるのかもしれない
(いやいや、そんなことはない)
 

ようするに、僕という役者に当てて
書かれた役がジャンゴであるということだ。
 

だからかもしれない
いつでも思うのは、
このジャンゴを他の人が
やったらどうなるかなということ。
 

シェイクスピアの芝居なら、
世界中これまで今まで何人のハムレットが生まれてきたか。
 

僕には自分がやった役を
独占する主義はないのだけれど
少しの嫉妬はあるかもしれない。

 

実はあのシェイクスピアも当て書きだったらしい。
 

ならば、彼の劇団の役者たちは、
そうとう口うるさく作家を困らさせたに違いない。
「いい本を書け」とか「俺を活躍させろ」と。
そんなことを想像する。苦笑。
 

だって役者とは、
哀しくも儚い
そういう生き物だから。
 

一番最初にやったハムレットは
どんな役者だっただろう。
 

だが、いくら才能のある作家が役者に当てて書いたって、
役者が駄目ならイメージは膨らまないだろう。
 

役者が成長して、作家も成長する
その相乗効果が「当て書き」には
あるんじゃないかなとも、思う。
 

それが時代を越える名作になるなら、
演劇というのも、その場で消えていく
刹那の娯楽だけではないかもしれない。

 

 

僕はジャンゴをやるたびに、
悪魔の本質って何だろう
と考えたりする。
 

イメージなら
 

「若々しい姿で現れて、
安心させる雰囲気があるのに、
とても心がハラハラさせられる」
 

ゲーテのファウストならそんな感じだろうか。かなり雑だが。

悪魔の親分ルシファーは光輝く天使だったようで、
悪魔という黒いイメージと反するところに、本質がありそうだ。
 

安心させるのが神様。
焦らせるのが悪魔。
 

病的なものは、邪。
健全なるものは、若々しい。
 

 

「speak of the devil」という
物語における悪魔とは何だろう。
 

(悪魔は、人生で一番いい時の姿をしてあらわれる)
 

初演ジャンゴの頃、
人間の魂と引き換えに願いを叶えている、その
姿勢に触れた時
 

ふと浮かんだ言葉。
 

 

「悪魔は、人生で一番いい時の姿をしてあらわれる」
 

 

他の人が演じたら、
また違うジャンゴがあるのかもしれないけど、
僕が思う最高のジャンゴは、そうだ。
 

(speak of the devil)
 

 

そこへ追いつくだろうか。
ジャンゴが僕のまえに現れるたびに
 

そう問われる。

 

 

 

 

悪魔のささやきとなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も訪問ありがとうございます。
劇場へのご来場のみなさん
ご予約も感謝です。
お待ちしておりますね。
 

そしてそして
メッセージや、ここへの書き込み。
ふとした過去記事へのコメント。
ほんと有り難いです。
また。涼

 

 

 

 
 

speak of the devil
シリーズ最新作
「DJANGOジャンゴ 夜明け前」
作・演出 四大海
2014
10月1日(水)~5日(日)
 

@中野 ザ・ポケット

 

売り切れの回も補助席出るそうです。お早めにどうぞ
 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優 YouTubeダーさん  プロデュース公演に参加したり若手作家たちの作品にも精力的に多数参加。そのBEEPでDEEPな交友関係はかなり広い。YouTubeチャンネルは保育士さんや子供たちに大人気。また国民的テーマパークのショーアクターとしての実績も長い。 絶対青春コメディ sing!!! 九州公演 2022/01.14〜15 劇団S.W.A.T!公演「ある超能力者の記録」2022/02.10~20 など
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comment

  1. 白い雲 より:

    1. 明日 観に行きます
    おはようございます

    DJANGO 最高のキャラです 大好きです

    劇団SWATを知ったのは、ジャンゴでした
    楽しい瀧下さんのファンになりました
    それ以来拝見させて貰ってます

    イタリア映画の西部劇 ジャンゴの
    主題歌が好きで観に行ったのでした

    明日が楽しみです
    涼さんの渋い声が聴けるね 嬉しいね

    じゃあ またね ジャンゴ!
    白い雲2014-10-03 10:57:00

    • RYOO より:

      2. DJANGO人気
       

      >白い雲さん
      コメントありがとうございます。
      「DJANGO」は人気のありますね。
      それでファンに⁈光栄です。
       

      続・荒野の用心棒(原題DJANGO)も、最高ですよね。
      なぜが棺桶を引きずって歩くガンマン。テーマ曲がまたいいんですよね。
      あれ日本語で唄えそうなんだよなー
      (三池監督の北島サブちゃんバージョじゃなくて笑)僕も好きです。
       

      「声が渋い」…若手の頃は悪声で悩んでいましたよ。
      歳を取るっていいことかも笑
       

      お会いするのが楽しみですよ。
      では、劇場で!
      りょー2014-10-03 14:31:30

  2. 池田独 より:

    3. 惹きつけるものこそ
    見に行けないのが残念です。

    悪魔ですかー、うーんそうだなー、怖いというよりすごく魅力的な感じがします。

    強かったり美しかったり、そして優しかったり。

    何か人を捉えて離さないものなんじゃないかと思います。

    恐れるだけでは人は簡単に騙されたり堕ちたりしないもの。

    最高にかっこいい悪魔になってほしいですねー。
    池田独2014-10-03 20:22:55

    • RYOO より:

      6. 選ばれる魂
      >池田独さん
      独さんのコメントは、
      悪魔の本質を突いていると思うなあ。
       

      「何か人を捉えて離さないものなんじゃないか」
       

      僕もまさにそう思います。
      そして悪魔が選ぶ魂って万人じゃなく、
      たぶん限られた人間なんだとも思います。
       

      天才か犯罪者か。それとも。
       

      しかし僕のやってきたジャンゴの物語は、
      いつも普通にいる人達の魂でしたけどね。
       

      誰もが選ばれる訳じゃないけど、悪魔に魅入られた人間は、
      きっとそれまでの生き方がガラっと変わるのでしょうね。
       

      全てを投げ打って、
      自分の望みを果たす。
      そこに悪魔の手助けがある。
       

      考えただけでも恐ろしいですね。
       

      でも人間は、そういうところも、あるんですよね。
      僕みたいな凡夫は、いつもじゃナイケド。
       

      演劇は限られた空間で、
      それを体現できる機会を与えられている。その自由を限りなく活かしたいですね。
       

      独さん
      北からの応援ありがとうございますね。
      りょー2014-10-04 07:21:26

  3. ヲ川 より:

    4. 当て書きだったとは!!

    VIP席という名の
    補助席へ
    ヲ川の使者を派遣することは
    失敗しましたが←失敗したんかい!

    連日満員御礼のようで
    なによりでございます!!!ヘ(゚∀゚*)ヘ

    りょー兄さんの
    人間の枠を超越した
    凛として謎めいた雰囲気は
    たしかに
    悪魔の気配を感じます。。

    ・・・で、

    意外と義理人情気質で
    子どもっぽい
    興味と好奇心を
    持ち併せている部分もまた

    気まぐれで
    悪魔っぽい♪笑どーん

    ジャンゴもきっと
    そういうヤツなんでしょうねー。
    観てないけどわかるわぁー。。←

    人生で一番いいジャンゴ
    演じ切ってくださいね!!!親指ビシッ!

    ヲ川2014-10-03 22:18:28

    • RYOO より:

      7. 言魂・ことだま
      >ヲ川氏
      東京使節派遣は頓挫…なにしとんやっ‼︎
      いやいや気持ちだけでも嬉しいですぜ。
       

      「意外と義理人情気質で
      子どもっぽい
      興味と好奇心を
      持ち併せている部分もまた」
       

      むむむジャンゴみたい笑↑
       

      ヲ川氏とはここ以外じゃ会った事ないけど、
      文章やブログのほったらかし時間(失笑)とかに宿っちゃうもんなんだろうな。
       

      いや~殺し文句だよ。今日、本番終えてちょっと、泣きそうになったぞ。
       

      人の心を揺さぶるんだから
      ヲ川氏こそ悪魔だと思うぞ
       

      そしてヲ川氏のコメントで
      このブログを始めたのが
      役者としてセリフじゃなく
      自分の言葉を探すことだったんだけど
      もしかしたら、そもそも
      お芝居にも、どぶろぐにも
      含まれちゃってるんだ、
      とも思えたよ。
       

      僕の言魂(ことだま)は
      ヲ川悪魔に食べられたかも笑
       

      ヲ川くん西から、ありがとね。
      りょー2014-10-04 09:35:58

  4. A★RINA より:

    5. 写真
    素敵ですねー(*^^*)
    瀧下ジャンゴ以外は考えられませんが、清水ジャンゴや四大海ジャンゴも見てみたいですなぁ笑
    ジャンゴシリーズを最初にやったのは10年以上も前なんですか! すごいなぁ!
    私のSWATデビューはジャンゴフェスタの時だったんで、私もジャンゴファンです★
    当て書き! 素敵ですね(^-^) 作家さんとみなさん仲良しなんだろうなぁo(^o^)o
    ほんっと瀧下ジャンゴですねっ! お芝居の世界は奥が深いですなぁ!
    役者も作家もみなさんすごいです!
    昨日はちゃんとお声掛けれて良かった♪ お話し中じゃなかったですか? すみません。
    今日から2回公演ですね! 無理せず頑張って下さい★
    A★RINA2014-10-04 01:14:00

    • RYOO より:

      8. ジャンゴの横顔
      >A★RINAさん
      記事写真は、チラシのジャンゴを元に、パンフデザイナーさんが僕の横顔を合成してくれたもので、じつは今回配布しているパンフの四大海のご挨拶に添えてあるんですよ。
       

      かつ今回間に合わなかった「ジャンゴ・クリアファイル」のデザインの原画を拝借しました。
       

      「四大海ジャンゴ、清水ジャンゴ」笑
      じつは20年くらい前、
      座長四大海は「EDEN?」という作品で、
      ジャンゴの親分であるのルシファーの役を書いて演じていまして
      その想いも、きっとこのジャンゴの下地には含まれているんです。
       

      A★RINAさん
      挨拶ありがとうございますね。
      また、劇場にてお会いしましょう!
      コメント大々感謝です。
      りょー2014-10-04 09:37:45

  5. lalasu より:

    9. 通りすがりでも、質問してもいいですか?

    いいね!返しに来た者です。

    何度か、ペタも交換してもらったかもしれません。

    私は見えないものの存在を見たり、感じたりすることはできるものの、特定の宗派や宗教の信者ではありません。

    ブロ友さんから勧められて読んだ『神との対話』に悪魔とは不安のことで、神とは不安以外のものだと書いてあったのですが、悪魔を演じているりょーさんはどう思いますか?
    lalasu2014-10-04 12:41:36

    • RYOO より:

      10. 通りすがり問答
      >lalasuさん
      通りすがりコメントありがとうございます。
      僕は無宗教ですが道元さんやキリストさんの芝居は、若い頃やっていますよ。だからどっちの宗教観も日本的になんとなく理解してますかね笑
       

      「悪魔とは不安のことで、神とは不安以外のものだと」
       

      なるほどーと思いました。
      悪魔を演じている側からの意見笑
       

      「不安」にも「いい不安」と「悪い不安」があるし、
      不安がなければ、良いともいえない。かな。
       

      不安のおかげで人は成長したり危機を脱したりできるし、
      安定は、安心や豊かな感情も生み出すかもしれないけど堕落もしますよね。
      だつて人間だもの笑
       

      僕としては(この物語では)
      その人の「本当の望み」を気が付かせ、
      行動させるというのが悪魔なんじゃないかなと思って演じています。
       

      答えになったかな?
       

      「神様は何もしない、ただ見てるだけ」ってシリーズ通して台詞で言ってますしね。
       

      lalasuさん
      またご縁がありましたら、どうぞ。
      りょー2014-10-04 16:06:06

  6. lalasu より:

    11. Re:通りすがり問答
    >りょーさん

    通りすがりにコメントして、私だけ承認してもらえなかったことがあります。

    コメントにレスを付けてもらえないことも多く…

    だから、こうしてコメントでやりとりしてもらえると
    嬉しくて通りすがりが通りすがりでなくなっていくのを感じています♪

    不安障害だったので、不安について知りたかったのです。

    不安は私が戦わなければならない対象なので…

    でも、不安のおかげで、出来る成長があるんですね!

    そう言われてみるとたしかに、安定すると、表現意欲が低下します。成長したいという気持ちも…
    不安が気づかせてくれるものは大きいですね。

    悪魔には、そんな役割もあるんですね!
    lalasu2014-10-05 11:05:16

    • RYOO より:

      12. ファンと不安
      >lalasuさん
      このブログにコメントを付けて頂くというのは、
      時間や思考を使って残してもらっていますので有り難いの一言ですよ。
       

      もし何か気付きやヒントになった
      なら、それは
      その人の中にもともとあったモノが息を吹き返してるんですよ
       

      あとは
      自分の物差しを作ることかな。
      お優しい方なのでしょうね。
      物差しを人に委ねすぎちゃうと、大変ですよ。
       

      「自分は、あなたの読者でファンである」ということこそ
      が大事じゃないかな。
       

      承認は本人の意思ですし、悪意なんかほとんどないと思いますよ!
      自分の気持ちを押し付けすぎず両思いになれたら、いいですね笑
       

      とにかく返信までありがとうございます。
       

      僕も、
      とても嬉しいんですよ!
      りょー2014-10-05 15:29:22

  7. あき より:

    13. 表裏一体
    「警察も泥棒も同じ方向に走る」みたいに、悪魔も天使も、していること自体は似ている気がします。
    誰のためにしていることなのか、が違うのかな。
    そう考えるとジャンゴが悪魔に見えないシーンにも納得したり。
    涼さんの明るい演技しか見たことがなかったので、最後のシリアスなシーンがとってもかっこよくて、客演も観てみたいって思いました。

    動画、大変心強くありがたい存在でした。
    進路方向に、自分とおなじようにスマホで動画を見ながら歩く人の姿を見かけて勝手に親近感を抱いたり・・・
    その人が劇場に着いた時のほっとした表情、あそこまで他人の感情に共感したのは久しぶりです(笑)
    お心遣い、感謝です。
    あき2014-10-06 22:31:41

    • RYOO より:

      15. 【悪魔の演じ方 コメ返】感謝観劇!
      >あきさん
      観劇ありがとうございました。
       

      悪魔についての深い考察…そうですね。過去シリーズでは天使はむしろ悪役で出てきました。
      ジャンゴの行動基準も、善と悪ではないですからね。
       

      そして非常に人間くさい悪魔という…近くにいると鬱陶しいけど、いなくなると寂しいような存在。
       

      そんなところも魅力ある人物なのかなと思います。
       

       

      自作の【行き方 劇場】も好評で嬉しいです。
      中野駅からスマホを片手に同じような動作をしてた方とのユルーイつながりと到着した時の共感…微笑ましいですね。その方も無事着いてよかったです。
       

      また、面白い発信ができたらと思ってますよ。
       

      あきさん
      丁寧なコメント感謝です。
       

      りょー2014-10-11 13:38:44

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© Freedom Curry , 2014 All Rights Reserved.