Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

☆TAKISHITA RYO Official Blog ☆

僕と日記。(「シバイハ戦ウ」閑話休題)

2021/02/20
 

昔っから、稽古日記が書けなかった。何を書けばいいのか分からなかった。いざ自分の日常を振り返る写真も写すほどの華やかさはない。

でも
写真にはうつらない、
想いだけが、いつもある。

芝居の稽古は膨大な日々の積み上げと、毎日ちっちゃな進化発見と喜びの地道な骨々(コツコツ)を絞り出し調理してやっと数十分、数日間の公演が出来上がる。
豚骨拉麺スープ作りより時間がかかって、とっても地味な作業なのだ。

稽古場でも演劇は、生モノだ
写真にしたら、別ものだ。

まさに今コロナ禍でリアルに感じている。
「公演の決定」「稽古場がない」「役者の決意」という僕

と「シバイハ戦ウ」の人物たち。

そのリアルと虚構が演じる僕の中で熟成され演技の出汁(ダシ)となるのなら、
「シバイハ戦ウ」という本番の隠し味を

この稽古日記に記した、そのエピソードを通して

お客様に立体的にお芝居を
楽しんでもらえるかもしれないという密かな願いもある。

綴っていて驚いたのは、
これまでの自分と芝居についての思いが吹き出たことだ。

「なんで芝居を始めたんだっけ」
「何に感動していたんだっけ」
「仲間をどう思っていたんだっけ」etc
それは
「シバイハ戦ウ」のテーマのひとつでもある、奥行き深く豊かになりたい。

人は、手放すために言葉にする

禅の世界でも意識されることが「空」につながるという
「空」とは「ひとつ」となること

べつでありひとつであるとわかること

気がついて数えてみたら30余年も「芝居という世界」に平成マルゴトに関わっていて、見ないようにしていて溜まりに溜まって詰め込んだ押し入れ満杯の忘れ物をやっと手放せそうだ。

ほがらかに、かろやかに、すなおに
あかるく、すべてなす、なさない

「俳優は、本番で、すべてを手放す」

その時代、その空気、その場所で
観客と演じ手が交わる、どよめき。
劇場という空間で一人一人が
その思い、きらめき
その時感じている気持ち、躍動。
どこからも与えて、貰って、
満たされて、
やっと完成する。

それが公演という
奇跡になっているのだと思う

最近の現代アートが
「感じる、その場」という表現になってきているのも
世の全てがコンテンツ化されて売買され大量に溢れて複製が簡単になり映像は無限に再現できるからだ。

でも舞台は、違う。

なンにも残さず
豊かな時間だけが、放たれた。

そう、昔っから。

はるかうつつの時代より

その瞬間「ひとつ」と
なるために

シバイハ戦ウ。

お待ちしております!涼

http://daahsun.jp/teppin1/

納得のいく答えなんかないけど
僕には、心躰と意思がある
動かさないのは、もったいない。

テッピンvol.4
「 シバイハ戦ウ 」
2021/03/12(金)~03/14(日)
@中野あくとれ
作+演出=吉田テツタ
キャスト(五十音順)
池田ヒトシ
瀧下涼
日暮玩具
山口雅義

舞台が僕を救ってくれていた(テッピン「シバイハ戦ウ」)第1話

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。ダーさんのYouTubeチャンネルは保育士さんや子供たちに大人気。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© ダーさんのブログ 【コトバの深呼吸 】 , 2021 All Rights Reserved.