Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

☆TAKISHITA RYO Official Blog ☆

稽古場が、ない!!「シバイハ戦ウ」第4話

2021/02/19
 

また、一つ芝居が、消えた。

年を明けて1月7日、ついに東京都が二度目の緊急事態宣言を決定した。

令和2年の年の瀬は非常事態宣言の再決に揺れる機運の高まりと自粛待機に暮れてゆき世界各地から報道されるコロナ猛威の印象が、この日本にも確実に忍び寄っていて、師走にソワソワと拍車が掛かり始め自宅で静かに過ごす大みそかも、満杯に注いだ水がまさに溢れるその刹那、

稽古場の予約の全てが自動キャンセルとなった。

また宣言設置の翌日には
「シバイハ戦ウ」のグループLINEに山口雅義さんから顔合わせ(リンク◉)でチラシを頂いた1月27日から出演するはずの公演が中止・延期を決めたと本人から報告があった。

また、ひとつ芝居が、消えた。

そして
年始早々の宣言を受け「シバイハ戦ウ」で借りていた稽古場が自粛で時短になることが決まった。
稽古場は中野区の区民センターを転々各所と借りることにしていたが2月8日まで20時以降の外出自粛にともない夜間貸しが短縮され、使える四時間が半分の二時間になってしまった。しかも借り賃は同額のままとコスパが悪い。


変わる稽古時間

なので夜だった稽古予定を急遽、
昼からの稽古に変更せざるおえなくなった。

グループLINEにも
「この日とこの日を昼からの稽古にしようと思います。集まれますか」
と吉田テツタさん

新規感染者の増加は横ばいするも重傷者は訥々と刻み続けている
次々と運ばれる病院はもうすぐ満室、受け入れさえもタライ回され、呼び出しのベルは鳴り続けている。
もう止留(とど)めることのできないムードとなった。
そのさなか非常事態宣言をあと一か月、3月8日まで延長する、という議論も始まった。

稽古場が、ない!!

そして延長の決定を待たずして
中野区の稽古場が2月8日までの「完全閉鎖」を決めた。
今月の新期感染者増加にともない先手を打つべく、区の対応だ。

なんと8日までの予約が
全て強制的にキャンセルとなったのだ。
つまり2月7日までの稽古場が突然、無くなった。

実は2月中のほとんどを中野区の施設を借りて稽古をする予定だったが、このまま宣言が伸びたとしても現在予約している部屋が、いつ使えなくなるかもわからない

その先?ホントにどうなるかわからない。

いや今は目先だ。とりあえず8日までの稽古場をどうするか?

ゆっくりと漠然(ばくぜん)と何かが進んでいる感じ。茫然(ぼうぜん)としている青い空にゆったりと巨大な雲が覆い被さって、その影が大地を包み込み始めているような

それは若い頃に読んだ演劇本の
ロシア革命前夜の劇場や稽古場の雰囲気にも似ていた

スタニスラフスキーの自伝や、
メイエルホリドの伝記にも
そしてワフターンゴフの演出本(リンク◉)にあった風景と重なった

劇場で自由に公演がうてない、
あの台本のセリフが検閲で削除された

遠く聞こえてくるその知らせにも演劇人たちは
それぞれが稽古場や劇場に向かっている、
そして公演で芝居をしていた。

リモート稽古の功罪

「(2/7まで)リモート稽古で、やります」とグループLINEにメッセージが入った。

「やりますが、やり方がまだちゃんとわかってないのでまた連絡します」

吉田テツタさんが、リモート稽古を打診した。

「おお最先端ですね!」
僕は去年の劇団公演(リンクで自宅からスマホでのZOOMを使ったリモート稽古を経験していたので、それもアリかと思った

「リモートか、、」
並ぶLINEの吹き出しに
池田ヒトシさんが懸念を示したように感じた。

そりゃそうだ。
僕みたいに劇団仲間となら相手役は永らく知った仲間だ。
本番を何度も踏んでいるし相手役の手練手管が、まあだいたい想像できる。
作品的にも何年もやってきた作風やイメージが感覚的に染み付いているから
たとえ新作だとしても、なんとかなった。


「シバイハ戦ウ」は、劇団作品ではない。初めての座組みと新しい作品だ。
台本が、そこに書かれているのはイメージに過ぎない。何もないのだ。
舞台とは実際そこに役者同士が立ち直接、交(まじ)わらなければ描かれない
台詞も、何も存在しないのだ。

リモート稽古の危うさは、演った気になるところだ。
熟達の演劇人、池田さんは知っているのだろう。

スマホやネットの満栄に
SNSと配信映像テクノロジーの発展はとても便利に
いとも容易(たやす)く人と人とを秒単位で近づけた。
しかし、どれだけ配信スピードが速くなってもどれだけ映像が鮮明になっても
目の前にいる相手自身に絶対直接、触れていない。
手触り、体温、息遣い、表情、匂い
それらは鮮やかなモニターの映像やチャットで流れる言葉の配列からは感じられない。
あるのは漠然とした、妄想だけだ。

コロナこそ、他者不感にする病魔だ。

いつから僕らは
いろんなことを仮想(頭ん中)だけで処理して満足できるようになってしまったのだろう
日々を表象されるイメージの印象に囲まれ誘われて
透けた薄いセロファン紙薄をかさねたような記憶だけが、僕らの思い出になってしまうのか。
コロナ対応で、また加速するだろう
知らないうちに「どっぷりと」
毒なのか麻薬なのか進化なのか
コロナこそ、ネット文化繁栄の功労者だ。

すると池田ヒトシさんから
「まだ杉並区が施設を貸している!」との知らせがあった。

「池田さん(予約を)おさえてください。
タッキーこの日と、この日、空いていますか、日暮くんも」とテツタさん。
「あと一応、もう一度みなさんの20日までの予定を教えてください」

とりあえず8日までの稽古場は、なんとかなりそうだ

時代は変わり芝居は変わらない、僕たちは…

演劇が劇場を謳歌していた時代
ロシア革命前夜のあの漠然とした
先の見えないところへ向かっていくような不安な情勢にも
チェーホフの新作に、どれだけ人々が喜んだか。

そして
確かにその後、時代が変わっていった

スタニフラフスキー(リンク◉)が求めた演技術はのちにアメリカの映画演技メソッドに生かされ
メイエルホリドも60年代の前衛演劇で確かな礎となり、のちの舞踏と演技としてのコンテンポラリーの脈流にも影響を与えているのだろう。
ワフターンゴフのリアルと象徴とアマチュアイズムの手法はまるで日本の小劇場演劇だ。

コロナで世界が変わっていく
僕たちは小劇場という
古いOSのまま
翻弄されている

時代の胎動を感じながら、稽古は始まり

シバイハ戦ウ

テッピンvol.4
「 シバイハ戦ウ 」
2021/03/12(金)~03/14(日)
@中野あくとれ
作+演出=吉田テツタ
キャスト(五十音順)
池田ヒトシ
瀧下涼
日暮玩具
山口雅義

この記事を書いている人 - WRITER -
俳優。ダーさんのYouTubeチャンネルは保育士さんや子供たちに大人気。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© ダーさんのブログ 【コトバの深呼吸 】 , 2021 All Rights Reserved.